NEWS

エンゼルカントリー倶楽部 森永乳業系のコース、 すべてをPGMに譲渡

エンゼルカントリー倶楽部

森永乳業系のコース、

すべてをPGMに譲渡。会員は、預託金全額償還決定

福岡のレイクサイド、劉信一が経営権を握っていたが、

経営権をPGMに譲渡、2転3転した経緯はあるが、

PGMの傘下で営業を継続する。

記者の眼。

プライべートコースが、メンバー制パブリックへ、続々と転換している現状は、

ゴルフ界にとって、いいことではあるまい。メガーソーラーが、運営が芳しくなく、利益が

計上できないゴルフ場廃止よりも、パブリックでも残るほうが、良策である。

ただ、ゴルフを金融資本の踊り場として、取得する遊戯産業は、スポーツの原点から乖離しているので、好まれるものではない。

実質に、ゴルフ場が、会員のよりどころとなるためには、メンバー制パブリック推薦できない。

プライベートゴルフ場は、家族、友人、など仲間意識で、家庭的雰囲気が尊重される。

会員融合のクラブは、メンバー制パブリックでは無理な話だ。

関連記事

  1. 全米女子オープンに日本勢8名が選出
  2. 栃木県ゴルフ場協議会が夏季ジュニアゴルフ教室の受講生募集中
  3. シャトレーゼホールディングス、10月1日に吉川CC(兵庫)事業譲…
  4. CAT Ladies 2020 開催中止
  5. ライダーカップとプレジデンツカップは2021年と2022年にそれ…
  6. 第146回全英オープンまで残り2週間
  7. 松山英樹が帰国会見
  8. 女神がほほ笑むアグレッシブなゴルフィング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。