NEWS

2017年度(第59回)日本女子アマチュアゴルフ選手権 安田祐香が初優勝

2017年度(第59回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は23日、奈良県奈良市の奈良国際ゴルフ倶楽部(6573ヤード、パー72)で最終ラウンドを行った。

兵庫・滝川二高2年の安田祐香が7アンダーの猛攻でトータル14アンダーの大逆転劇を演じた。

本目と名指しされて、数々の大試合を経験している新垣比菜は、11アンダーで2位に4打差で楽勝かと思われたが、ゴルフはそんなに簡単ではなかった。

タイトルのプレッシャーからか、ゴルフに歯切れがない。

驚きは、安田が7アンダーという歴史上にない好スコアでプレーしたことだ。

安田は、高校2年生。ドライバーは、230ヤードを打つ。

2015年、ベスト8、2016年、12位タイと経験し、今年の爆発となった。

ゴルフを始めた年齢は、7歳から。

登竜門のJGAの主ゲームに名を飾んだことは、今後の大きなバックボーンになるだろう。

関連記事

  1. 岡田美智子プロが国内女子ツアー史上初のエージシュート達成!
  2. 松山英樹が帰国会見
  3. 全米女子プロ選手権、宮里、野村予選突破
  4. 宮里藍、特別招聘で出場へ
  5. 第39回フジサンケイレディスクラシック第1日組み合わせ決定
  6. カトリン、オーストリアゴルフオープンでプレーオフを制して3勝目
  7. もう一つのマスターズ 子供たちの祭典 未来に向かって
  8. 第2回全日本華僑華人連合会ゴルフ大会が開催

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。