NEWS

東建ホームメイトカップ、金谷拓実が通算11アンダーで優勝

国内男子ツアーの初戦となる東建ホームメイトカップは、大会中に出場選手に新型コロナウイルス陽性者が出たため、大会3日目を中止していたが、18日決勝ラウンドを行い、金谷拓実が通算11アンダーで優勝した。最終日は、序盤から風が強くスコアと順位が目まぐるしく変動する展開。

55週間にわたって世界アマチュアゴルフランキング1位の実績を持ち、昨年10月にプロ転向した金谷拓実が、「ダンロップフェニックス」に続きプロ2勝目をあげた。2019年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」を入れるとツアー3勝目。

2位には、1打差の通算10アンダーでアマチュアの日本体育大学3年生の中島啓太が入り、3位に阿久津未来也が入った。

次世代の若い選手たちが、松山に続けと活躍をしており、これからが楽しみである。

関連記事

  1. 松山英樹が帰国会見
  2. ロケットモーゲージ・クラシック優勝のデシャンポー
  3. 宮里藍、特別招聘で出場へ
  4. フィル・ミケルソンがPGAツアー45勝目!50歳でメジャー最年長…
  5. 全米ゴルフシニア選手権、崎山、井戸木は落選。
  6. 米国女子ツアーのロッテ選手権、リディア・コーが通算28アンダーで…
  7. 唐沢ゴルフ倶楽部(栃木)が6月20日より名義書換を再開
  8. 国内男子ツアー2021年の初戦が開幕
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。