NEWS

米国女子ツアーのロッテ選手権、リディア・コーが通算28アンダーで優勝

米国女子ツアーのロッテ選手権がハワイ州カポレイ・ゴルフクラブで開催され元世界ランキング1位のリディア・コー(ニュージーランド)が通算28アンダーで2位に7打差をつける圧巻の勝利を飾った。

リディア・コーは、2018年4月の「LPGAmディヒール選手権」以来の3年ぶりの優勝でツアー16勝目をあげた。韓国で生まれ、6歳の時にニュージーランドに移住したリディアは、14歳の時にプロ大会における最年少優勝記録を樹立し、同年の全米女子アマチュアを制覇。2013年にプロ転向し、2015年には、男女を通じて史上最年少で世界ランク1位(当時17歳)となった。2016年にはリオデジャネイロオリンピックで銀メダルも獲得している。

2位タイには、アメリカのネリー・コルダ、アイルランドのレオナ・マグワイア、韓国のキム・セヨン、同じく韓国の朴仁妃ら4人が通算21アンダーで並んだ。

大会2日目まで首位を走っていた笹生優花は、初日64、2日目64と−16アンダーにスコアを伸ばしていたが、3日目、最終日は、71、70と大きくスコアを伸ばせず、最終的に-19アンダーで6位タイとなった。
笹生優花は、日本人の父とフィリピン人の母を持ち、現在は、フィリピンと日本の二重国籍である。まだ19歳で東京オリンピックはフィリピンでの出場を目指している。代表決定は、6月末になるが、東京オリンピックをフィリピン代表として出場しても22歳までは国籍選択できる。

渋野日向子は、通算13アンダーの33位、畑岡奈紗は、通算5アンダーの71位だった。

関連記事

  1. ジャパンサーキットレディース2017第2戦
  2. AbemaTVツアー「i Golf Shaper Challen…
  3. 関西オープンゴルフ選手権、星野陸也が優勝し、通算4勝目
  4. 第100回全米プロゴルフ選手権まもなく開幕!
  5. ゴルフスタジアム怪事件発生!
  6. 全米ゴルフシニア選手権、崎山、井戸木は落選。
  7. 松山英樹が帰国会見
  8. ISPSの世界を沸かせる活動
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。