NEWS

ロケットモーゲージ・クラシック優勝のデシャンポー

ロケットモーゲージ・クラシックで圧倒的パワーを見せつけ松山英樹を驚かせた優勝のデシャンボーは、平均ドライバーが326ヤードであった。徹底した肉体改造を成し遂げているデシャンボーは、体重も100キロを超え、体が一回り大きくなったのがわかる。M.ウルフは、彼と同じくらいのドライバーの距離で、優劣はつけがたいが、両名のこれからの凌ぎあいがツアーの主軸になる可能性が高い。

第2のスーパーパワー時代の到来である。475ヤードのミドルをドライバ―とピッチングで打たれたら、評論のしようがない。
ピッチングやサンドウェッジでは、かなりのラフからでもグリーンをつかむことができる。

松山英樹も300越えの猛者であっても、ツアーでは21位タイ、飛距離のために思案中である。

今まで、ケプカやD.ジョンソンがリードしていた飛ばし屋が、彼らをあっさり引き離して活躍する新人がツアーの表面に出てくるアメリカである。平均300ヤードと350ヤードでは、おのずから、スコアは違ってくる。ツアーの世界はまた、新世界へのオーデシーを夢にした。大技と小技がしっかりでき上ったパワーゴルファーは、競技ゴルフの頂点に立った。(記事 唐津 仁)

関連記事

  1. ゴルフスタジアム怪事件発生!
  2. もう一つのマスターズ 子供たちの祭典 未来に向かって
  3. 「2020年度JLPGAプロテスト」実施延期
  4. 第12回ISPS HANDA CUP全日本ゴルフ指導者プロアマ・…
  5. 弊社、古賀剛大がロータリークラブで卓話
  6. 【速報】第102回 日本アマチュアゴルフ選手権競技
  7. CAT Ladies 2020 開催中止
  8. カトリン、オーストリアゴルフオープンでプレーオフを制して3勝目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。